教育システム

看護部教育計画

- 閉じる

+ 開く

『看護の広さ・深さを楽しみ、看護を好きになる』

教育理念

病院および看護部理念に基づき、豊かな人間性と高い倫理観をもち、自己啓発ができ、患者を取り巻くすべてに目を向け、患者のために行動できる自立した看護師を育成する。

教育目的

良質な看護サービスを提供するために、専門職として自発的に、知識・技術を習得することに努め、人間性豊かで、患者様一人ひとりの生き方・その人らしさを尊重した看護が実践できる看護師の育成を目的とする。

教育目標

1)専門職として安全で、根拠に基づいた知識技術を習得する。
2)常に自分自身と自分の看護を振り返ることができる。
3)医療チームの一員としての役割を自覚し、相手の立場を考えて行動することができる。

ページの先頭へ戻る

キャリア開発支援

- 閉じる

+ 開く

1)キャリア開発支援とは

個々の看護師のめざす専門性と当院の求める看護師の専門性との統合を図りながら、自律的に日々の仕事を通して長期にわたり計画・開発し、それを組織として支援していくものです。

2)クリニカルラダー

看護師が自己のキャリアを開発するために、自らの臨床実践能力を評価しレベルアップすることは必須です。看護師の教育背景や経験してきた施設・診療科などによって経験できる個人差を考え、段階に応じて、一人ひとりが経験年数ではなく、『今何ができて、何ができないのか』を明確にすることで、ステップアップできるようクリニカルラダーを導入しています。

クリニカルラダー構図

クリニカルラダー構図

3)継続教育

1)Off-JT:各クリニカルラダーレベル到達のための院内研修
2)OJT:Off-JTでの学びを実践できる環境づくり
3)キャリア開発のための院外研修・学会発表

神奈川県看護協会主催の研修には、勤務扱いで出席できます。
認定資格取得にも支援を行っています。

ページの先頭へ戻る

新人教育

- 閉じる

+ 開く

新人教育体制

エルダー制度をとっていますが、『職場全体で新人を育てる』という姿勢です。
エルダーは、新人看護師が困ったときや悩んでいるときの相談・調整役となっています。
集合研修については教育担当科長を中心に研修計画にそって実施します。
看護技術に関しては、技術項目ごとに各部署の実施指導者が、それぞれの技術のオリエンテーションと評価をおこなっています。各部署で行う勉強会には、他部署からも積極的に出席しています。

集合研修

定期的に看護部での集合研修を行い、同期入職者たちと今ある悩みや問題、喜びを共感する場を持っています。

新人教育の流れ

研修内容
4月 ■職場環境に慣れる
■社会人・組織人として行動できる
【集合研修】
・新人オリエンテーション
5月 ■職場環境に慣れる
■社会人・組織人として行動できる
【集合研修】
・1ヶ月振り返りレポート提出
・がんばれ!新人ナース(外部研修)
6月 ■指導を受けながら、基本的な看護援助ができる
【集合研修】
・2ヶ月振り返り研修
7月 ■指導を受けながら、基本的な看護援助ができる
【集合研修】
・救急蘇生法①
・3ヶ月研修(母校訪問)
8月 ■夜勤看護師の役割を理解する
【集合研修】
・呼吸器管理、ECGモニター管理について
9月 ■夜勤看護師の役割を理解する
【集合研修】
・静脈注射法について(感染管理と医療安全を含む)
・ご逝去時の対応、輸血管理について
10月 ■患者・家族のニーズを把握し、指導を受けながら個別的な看護援助ができる
【集合研修】
・6ヶ月振り返り研修
・救急蘇生法②
・褥瘡予防対策について
11月 ■患者・家族のニーズを把握し、指導を受けながら個別的な看護援助ができる
【集合研修】
・褥瘡局所治療について 
1月 ■指導を受けながら専門的な看護援助ができる
【集合研修】
・救急蘇生法③
2月 ■指導を受けながら専門的な看護援助ができる
■自分の行った看護実践に責任が持てる
【集合研修】
・1年振り返り発表会

*OJT・基本的看護技術は、集合研修後に必ず各部署で再復習して、学びを確実に覚えるようにします。
*看護技術チェックリスト基に実地指導者と一緒に確認します。

ページの先頭へ戻る

中途採用者支援

- 閉じる

+ 開く

配属後

新しい職場での再スタートは、新卒で就職したときとは違うストレスがあります。
当院では、中途採用の方にもエルダー制度をとっています。また入職時に個別にオリエンテーションを行います。エルダーは、新しい職場で、「誰に何を聞いたらよいかわからない」「不安なことを職場の人たちにも知っておいてほしい」などの相談窓口となり、職場内でその人が早く馴染めるように調整します。
今まで経験してきた病院・診療科によっては、経験したことのない技術や、その病院の独自性が関係するものがあります。中途採用者の方にも、新人看護師が使用している「技術チェックリスト」を使用し、未経験の技術や自信のない技術をチェックしてもらいます。各部署の指導担当者が一緒に技術を確認します。

集合研修

教育担当科長を中心として教育計画にそった研修に参加できます。

ラダー別研修

ラダー別研修では

レベルⅠ・Ⅱは、看護観やフィジカルアセスメント(入門)・看護倫理・コミュニケーション
レベルⅢは、論理的思考・リーダーシップ・アサーション・フィジカルアセスメント(専門)
レベルⅣは、コーチング・キャリアアップ・看護管理 など

レベルアップしながら学びを深めていくことができます。

ページの先頭へ戻る

役割研修

- 閉じる

+ 開く

役割を担うことでたくさんの成長があります。集合研修では、その成長をお互いに実感できる場としています。

研修名 目的
エルダー導入研修 エルダーの役割を理解し、新人看護師を迎えることができる。
エルダー
フォローアップ研修
問題の共有と今後の課題を見出し、新人看護師サポートの再確認をする。
エルダー1年振り返り研修 新人との関わりを通して、自己の考えを深める振り返りができる。
実地指導者導入研修 実地指導者の役割を理解し、新人看護師を迎えることができる。
実地指導者
6ヶ月振り返り研修
問題の共有と今後の課題を見出し、新人看護師の指導・教育について再確認をする。
実地指導者1年振り返り研修 教育的な関わりを通して、自己の振り返りができる。

年に2~3回各役割別に会議を実施し、他部署や自部署のメンバー間での情報交換を実施しています。

ページの先頭へ戻る

その他の主な研修

- 閉じる

+ 開く

卒後2年目

研修名 目的
メンバーシップ研修(5月) メンバーシップを理解し、チームメンバーとして適切な行動をとるための基礎的な知識と態度を理解する
静脈注射研修(7月) 点滴静脈注射技術の基本を確実に修得する
事例研究導入研修(7月) 事例研究を通して、自分の看護を振り返り、自分の看護の視野を広げることができる
救急蘇生法(10月) ①BLSを確実に習得できる
②急変時のメンバーシップが習得できる
事例研究発表会(12月) 事例研究を通して、自分の看護を振り返り、自分の看護の視野を広げることができる

卒後3年目

研修名 目的
リーダーシップ研修(6月) ①協働するための基本的な知識を学ぶ
②リーダーの役割を理解し、必要なスキルを身につけることができる。
③環境を変えることでリフレッシュでき、仕事へのモチベーションを向上させる
救急蘇生法(8月) ①BLSを確実に習得できる 
②急変時のリーダーシップ、メンバーシップが習得できる
訪問看護研修(9~10月) 通院・入院中の患者様が在宅で必要とする看護、福祉サービスをアセスメントし、継続看護に結びつける

臨床実習指導担当者

研修名 目的
臨床実習指導担当者
導入研修(4月)
実習指導担当者として、実習指導・看護教育に興味・関心を持ち、自己の役割を知る。
中間振り返り研修(8月) 学生との関わりの中から自己の教育観をみいだし後半の実習に生かす
1年振り返り研修(2月) 学生との関わりを振り返り教育観を構築する

看護研究者

研修名 目的
看護研究導入研修(4月) 看護研究の意義、方法を学び、看護研究を進め方がわかる
データ収集・分析法研修
(6月)
データ収集、分析法が理解できる
統計学研修(9月) 統計学とは何かが理解できる
看護研究発表会(1月) より良い看護実践をするために、研究によって得られた知識や理論を看護実践に活かし看護の質を高め、専門職としての看護師野資質の向上を図る

介護福祉士、看護補助者研修

研修名
組織の方針に基づく自己の役割について(5月)
業務管理(6月)
医療安全・感染管理(7月・8月)
状況の変化に応じた対応(9月)

*その他、三喜会グループ内での外部研修も行っています。

ページの先頭へ戻る

勉強会

- 閉じる

+ 開く

看護部各委員会・各部署で必要な勉強会を毎月開催しています。
「疾患・疾患の看護」「看護技術に関すること」「救急に関すること」「看護記録に関すること」「看護研究に関すること」「褥瘡に関すること」「事故防止に関すること」「感染対策に関すること」など様々な勉強会が、様々な職種の協力を得て行われています。

ページの先頭へ戻る

院外教育・研修・学会参加実績

- 閉じる

+ 開く

院内教育

・医療安全管理研修
・BLS講習会
・認知症について
・ご逝去時の対応
・移乗、移動の技術訓練
・BLS講習会
・オムツ選定方法について
・移乗、移動の技術訓練

短期研修

・神奈川県看護協会主催の研修
・日本看護協会主催の研修
・その他

長期研修

・臨床指導者養成講座
・認定看護師教育課程
・看護管理者養成課程(ファースト・セカンド・サード)

学会

・日本看護学会
・関東甲信越看護学会
・神奈川県看護学会
・回復期リハビリテーション学会
・セコム学術発表会

ページの先頭へ戻る

ページの先頭に戻る