専門領域の活動紹介

患者様とすべての職員を
感染症から守ります
感染管理認定看護師
詳しく見る
褥瘡の早期治療や
予防ケアに努めています
皮膚・排泄ケア認定看護師
詳しく見る
急性期病棟で実践できる
緩和ケアを普及させたい
緩和ケア認定看護師
詳しく見る
医療の安全と
質の向上を目指します
医療安全
詳しく見る
cns05_20
退院後の穏やかな
生活をサポート
退院支援看護師
詳しく見る
患者様とご家族の不安を
軽減できるように支援
患者相談窓口
詳しく見る

感染管理認定看護師

- 閉じる

+ 開く

患者様とすべての職員を感染症から守ります

Profile

西澤 教正/新居田 敦子

患者様、ご家族、病院にかかわるすべての職員を感染症から守るために、医師、薬剤師、検査技師のチームで感染症の監視・対応、感染対策の実践指導といった、組織横断的な活動を行っています。感染対策の技術や知識を指導・支援をしているつもりですが、「手洗い」のような基本的な感染対策でも適切な場面・方法で実施することが困難なのが現場です。患者様の一番身近にいる看護師の役割は、感染対策において重要です。患者様が安全・安心して療養生活を送るために、考えて実践できるスタッフの育成を目指し取り組んでいきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る

皮膚・排泄ケア認定看護師

- 閉じる

+ 開く

褥瘡の早期治療や予防ケアに努めています

Profile

山口 真美

私は、皮膚・排泄ケア認定看護師として褥瘡ケアやスキンケアやおむつかぶれなどによる皮膚のトラブルについて、相談を受け実践、指導を行っています。褥瘡がある患者様には、皮膚科医師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士と一緒に褥瘡回診を行い、褥瘡の早期治癒や予防ケアに努めています。また、週1回ストーマ外来を担当し、疾患によって人工肛門・膀胱を造設した方が日常生活を快適に過ごすことができるようサポートしています。現在は、褥瘡ケアとストーマケアを中心に活動していますが、今後、排せつに悩みを抱えている方の援助ができるよう活動を拡大していきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る

緩和ケア認定看護師

- 閉じる

+ 開く

患者様とご家族に寄り添った看護を提供したい

Profile

壁谷 愛

緩和ケアと聞くと、看取りだと思われることが多く、苦手意識を持つ方も多くいるため、日々、緩和ケアに興味を持ってほしい。緩和ケアを正しく知ってほしいという気持ちを持って活動しています。緩和ケアは、命の危機に直面する疾患を経験した方に対して、身体的・社会的・精神的・霊的の4側面から支え、日々のQOLを向上させるためにある分野で、看護師にとっては大きなやりがいにつながる分野であると自負しています。緩和ケアチーム・緩和ケアリンクナースの仲間とともに活動し、緩和ケア勉強会に力を入れ、急性期病棟の中で実践できる緩和ケアの普及のために日々奮闘中です。

ページの先頭へ戻る

医療安全担当看護師

- 閉じる

+ 開く

医療の安全と質の向上を目指します

Profile

山田 愛子

当院は医療安全委員会、医療安全管理室、医療安全リンクナース会、5S委員会があり、医療の安全と質の向上を目的として病院を横断しての活動を日々行っています。
活動内容
(1)委員会開催 (2)インシデント、アクシデント報告の収集と分析・改善案の提案 (3)院内ラウンド (4)マニュアル改訂 (5)職員の安全教育 (6)医療安全情報の発信 (7)患者様からの相談対応等です。
「人は誰でも間違える」という前提に基づき、予防できる環境づくり=言い合える風土づくり、そしてエラーを組織として考えることが必要であり、患者様の安全を第一に考え、医療現場を構成しているすべての医療従事者を守ることが医療安全管理者の役割と考え活動しています。

ページの先頭へ戻る

退院支援担当看護師

- 閉じる

+ 開く

患者様とご家族に寄り添った看護を提供したい

Profile

堀 優子

地域の生活を支える一員として、患者様の「家に帰りたい」。ご家族の「家に帰してあげたい」という思いを受け止め、支援していきたいと考えています。しかし、疾病を抱えたまま在宅退院を希望する場合は、医療依存度や介護力が障害となることがあります。退院支援担当者として、生活上の支障となりえることに対して、地域の支援事業者と連携を取り、その負担を最大限軽減できるようサポートします。住み慣れた環境で過ごす安堵感は、生きていく中で重要であると考えます。健康で過ごした状態から変化をしても、安心して穏やかな気持ちで生活が送れるように患者様やご家族の気持ちに寄り添い支援していきます。安心して退院の日が迎えられ、退院後も穏やかな生活が継続されるように、私が窓口となり、病院職員全員で退院支援いたします。

ページの先頭へ戻る

患者相談窓口担当看護師

- 閉じる

+ 開く

患者様とご家族の不安を軽減できるように支援

Profile

谷川 千鶴子

 当院に受診される全ての患者・ご家族の皆様が病気やけがなどで突然受診するようになった場合、戸惑いや不安など感じる方も多いのではないでしょうか。
 外来受診の場面で、「医師からは大丈夫と言われたがすっきりしない」とか、入院中の場合、「対応に納得いかない」、「退院後の生活が不安である」等、さまざまな相談を受けることがあります。一回で終わらないような場合、現場の状況を聞きながら、更なる説明の時間を設ける等、現場と連携を取りながら対応しています。可能な限り患者・ご家族の皆様の思いに寄り添い、少しでも安心して病気・怪我などに向き合うことができるよう支援していきたいと考えています。担当者一同、気軽に声を掛けられる存在でありたいと思っています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭に戻る