はじめに

看護部長あいさつ

- 閉じる

+ 開く

職員がいきいきとやりがいを持って働き続けられる職場作りをめざしています。

天野 友子当院は、急性期、地域包括ケア、回復期と3つの機能を有する地域の中心的役割を担う病院です。救急から在宅医療まで患者様とじっくり関わることができる地域に根ざした一般急性期の病院です。

看護部は、日々の業務を通し、職員一人ひとりがいきいきとやりがいを持って働き続きられる職場づくりを目指しています。看護の仕事に誇りを持ち職員が充実感をもって働く職場であることが、患者様に選ばれる病院になると思っています。
そのために、働きやすい職場環境の整備、職場風土の醸成、卒後教育に力を入れています。
そして何よりも一人ひとりを大切に、共に高め合って成長できる職場でありたいと思っています。

当院には様々な背景の看護師の方が多く入職します。
社会人1年生、子育て中のママさん看護師、社会人としての経験から看護師を目指した方もいます。
個別性に合わせた支援を行い、共に成長したいと思っています。
私たちと一緒に、看護の楽しさ、やりがいを感じてみませんか・・・

副院長 兼 看護部長  天野 友子

ページの先頭へ戻る

看護部の理念

- 閉じる

+ 開く

看護部方針

- 閉じる

+ 開く

  1. 常に患者様の権利を尊重し質の高い看護を提供します。
  2. 患者様の安全に配慮し、信頼される看護を提供します。
  3. 医療、福祉、行政などと連携を図り、患者様を中心としたチーム医療を推進します。
  4. 看護の経済性、効率性を高め健全な病院経営に参画します。
  5. 専門職業人として自己啓発できる人材を育成します。
  6. 互いを尊重し成長し合える職場環境を築きます。

ページの先頭へ戻る

2018年度 看護部目標

- 閉じる

+ 開く

  1. 患者満足を高める、良質な看護ケアの提供を目指す(顧客の視点)
    • ①PNSの効果的運用
    • ②DiNQLデータを活用し、ケアの質改善につなげる
       各部署、1項目以上の目標設定をする
    • ③患者の自立支援を強化する(排泄・食事)
    • ④患者の意思決定支援を強化する(看取りの指針作成に意見を反映させる)
    • ⑤入退院支援体制の構築
  2. 病院の経営安定に貢献する(財務の視点)
    • ①新入院患者数の目標達成
       新入院患者数 377件/月 平日 15.3件 病棟稼働 219.7/日
    • ②診療報酬改定を理解し効果的な算定に繋げる
    • ③地域との関係強化
       院外活動への参加、地域開催のカンファレンス・講演会などの参加
  3. 地域包括ケアシステムにおける看護・介護の専門性が発揮できる人材育成(学習と成長の視点)
    • ①クリニカルラダーの改定
    • ②アセスメント力、判断力向上への取り組み
    • ③介護福祉士・看護助手のチーム活動への参画
    • ④認定看護師、特定行為看護師、専門知識習得を推進する
    • ⑤地域活動への参加
  4. 業業務改善を推進し、効果的・効率的な看護を目指す(業務プロセスの視点)
    • ①残業時間削減:20%削減、看護記録に係る時間の削減
       勤務前時間の削減:15:30以前の出勤者ゼロ
    • ②他職種連携による業務見直しの推進

ページの先頭へ戻る

ページの先頭に戻る