緊急蘇生研修の紹介

お知らせ

緊急蘇生研修の紹介

教育担当の竹之内です。

 

当院は新人看護師~卒後3年目まで、卒後教育を実施しています。

中でも救急蘇生の研修は、新人看護師3/年、卒後2年目2/年、

卒後3年目1/年と3年間継続して実施しています。

1年間でACLSまでは学びますが、

卒後2年目以降も技術や知識の確認を実施しています。

今回は10月に実施した2つの研修を紹介します。

 

1つ目は新人看護師の救急蘇生(挿管の介助)です。

BLSの復習と挿管の介助を学びました。

 

2つ目は卒後2年目の救急蘇生(気づき)研修です。

集中ケア認定看護師に講師をしてもらい、

急変に至る前の予兆や気づいたことをISBACを使ってどのように報告するか、

実際に急変を発見したら、自分がどのように動くか、

講義やグループワークを通して学ぶことができました。

 正確な知識と技術、コミュニケーションの力をつけて

患者の命を守れる看護師になってほしいですね!

 

※ スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

お知らせ一覧

PAGE
TOP